フコダインを知る

フコイダンとガン

フコイダンには、とくにモズクフコイダンには硫酸化フコース・フコースが多く含まれていて、この硫酸化フコース・フコースが、ガン細胞に対して有効だということがわかってきました。

化学療法の抗がん剤だとガン細胞にもダメージを与える反面と同時に正常な細胞にもダメージを与えるというデメリットがありますが、このフコイダンのガンの抑制効果はめざましく、副作用がない夢の抗がん剤とも言われるほどなのです。

フコイダンによるガンの抑制効果には期待が高まっています。 ●

フコイダンと代替医療

フコイダンはガンなどの病気の治療にとても効果があるといわれていて、代替医療としての役割に注目が集まっています。

代替医療というのは、日本だとまだハッキリと規定されていないようなのですが、現代西洋医学が切り捨ててきた、鍼や灸、指圧・マッサージと言った手技療法や、ホメオパシー、各種民間療法や各国の伝統療法、カイロプラクティックやオステオパシイー、精神性を必要とする瞑想や催眠療法、ヨーガやアロマセラピーなどの治療法をいいます。

それらに共通しているのは自然治癒力です。自然治癒力とは、生体が恒常性を維持する機能ホメオスタシスによって、からだのバランスを取ったり、傷を治したり、病気になっても回復する人間に備わる治癒力で、それこそが人のもつ生命力そのものです

フコイダンとガンの治療

フコイダンがガンの治療に対して有効といわれている理由は、免疫力を増強させてガン細胞を死滅させる・ガン細胞周辺の血管の新生をおさえて、栄養補給をできなくしてガンの転移を抑える作用・直接的にガン細胞に働いて、アポトーシスを誘導させるというような作用のためなのです。

またガン治療だけではなく、糖尿病や、脳梗塞、肝機能障害、C型肝炎、花粉症、ヘルペス、リウマチ等にも改善の効果が認められているようです。

自分の体の抵抗力を上げるということは、自分の体の健康のためにも重要なのです。

フコイダンの抗ガン治療のメリット

フコイダンのガン治療のメリットとして、抗ガン治療による副作用の心配がないこと、正常な細胞にはダメージを与えないこと、外科手術をしなくてもよいこと、経済的な負担が入院するよりも少なくてすむこと、ほとんど入院の必要はないこと、再発する危険性が低いこと、等があります。

現在の西洋医学の癌治療だと、放射線療法、外科療法、化学療法等を組み合わせて治療することがほとんどです。この注目を集めているフコイダンを使った代替療法は、自然の物を使った副作用の少ない療法なのです。


Favorite

ファイナンシャルプランナーの講座を受講する

Last update:2018/6/27