フコダインを知る

フコイダンの違い

一口にフコイダンと言っても、その種類は幾つかのものに分かれています。その種類を紹介していきます。

フコイダンの含まれる海藻

海藻は主に、色素組成で「藍藻類」「緑藻類(りょくそうるい)」「紅藻類(こうそうるい)」「褐藻類(かっそうるい)」の4つの種類に分類されています。この中でフコイダンが多く含まれているのは褐藻類です。褐藻類の海藻は、茹でると緑色なのですが、海の中に生息しているときには茶色(褐色)なのです。

褐藻類の海藻は、ワカメ、モズク、ヒジキ、コンブ、等があります。この中でも特に豊富にフコイダンが含まれているのが、モズクです。

モズクは、ナガマツモ科やモズク科に属している海藻の総称で、枝分かれしている糸状の藻類の事を言います。日本だと東北地方から沖縄諸島の日本海・太平洋岸の静かな湾内に主に生息しています。

さらにそのモズクの中でもフコイダンを多く含むのが、ナガマツモ科に属する「オキナワモズク」と呼ばれているもので、乾燥した重量の約4%入っています。含有量が多い以外の、オキナワモズクの特徴は、フコイダンを抽出しやすいといった事も挙げられます。

これ以外には、特に繁殖が早いトンガ王国産のモズクだと、オキナワモズクの5倍のフコイダンが含まれていて、ミネラル成分の多さと合わせて注目の的です。

ちなみに、真コンブ等の昆布類の中にに含まれているフコイダンは、モズクのフコイダンと比べると5分の1以下になるそうです。

一方、ワカメの場合は、葉の部分ではなくてワカメの根っこの部位にあたるメカブに多くフコイダンが含まれていることがわかっています。

フコイダンの種類

フコイダンの種類にも、コンブ科の「G−フコイダン」、「F−フコイダン」、「L−フコイダン」「U−フコイダン」、、「GA−フコイダン」の5つの種類と、ナガマツモ科のオキナワモズクに含まれている「オキナワモズクフコイダン」があります。それぞれの特徴も紹介しておきます。

F−フコイダン

硫酸化フコースが主体になったもの。

G−フコイダン

硫酸化フコース以外にも、「ガラクトース(乳糖の構成成分)」が含まれるもの

U−フコイダン

硫酸化フコース以外にも、「グルクロン酸」と「マンノース」が含まれるもの。

L−フコイダン

硫酸化フコース以外にも、「ガラクトース(乳糖の構成成分)」が含まれるもの。 昆布の根っこに含まれているほかに、昆布の葉、葉の下の部分、茎にも含まれています。

GA−フコイダン

硫酸化フコース以外にも、「ガラクトース」「キシロース」「マンノース」 「グルコース(ブドウ糖)」といった糖鎖を含んでいるもの。その他にもウロン酸を多く含んでいるという特徴があります。
GA−フコイダンは、ガニアシという昆布の仮根(かこん)だけに存在するものです。

オキナワモズクフコイダン

硫酸化フコースに「ウロン酸」が結合したものでアセチルフコイダンとも呼ばれます。

Valuable information

東京エリアでおすすめの声優養成所をピックアップ!

2017/12/14 更新